歯科用レントゲン撮影は安全?

レントゲン最初に結論を申し上げますと、非常に安全なものです。逆に、レントゲンを撮らずに治療することや、レントゲンさえ取っていれば見つかったはずの虫歯などの病変を見逃すことの方が、大きなリスクなのです。

その理由を話す前に、放射線量を表す単位として、シーベルトというのがあります。以降、どれだけの放射線を浴びたかという事をミリシーベルトで表します。

ちなみに参考までに・・・

東京からニューヨークへ飛行機に乗っていった場合、その間に0.2ミリシーベルト被ばくします。我々が自然に暮らしているだけで、1年間に約1.1ミリシーベルトの放射線を受けています。さらに、南国で1年過ごすと、約10ミリシーベルトの放射線を受けることになります。

それでは、
歯科医院でのレントゲンの放射線量はどれくらいでしょうか?

デンタル(小さいレントゲン写真) 0.01~0.03ミリシーベルト
パノラマ(大きいレントゲン写真) 0.04ミリシーベルト
頭部CT(当院では撮影しません) 2.4ミリシーベルト

となります。

歯科医院でのレントゲンによる被ばく量は、とても小さなものだという事が分かります。

それでは、どれくらいの放射線を浴びると、どのような症状が出るのでしょうか?
一度に放射線を浴びた場合、

500ミリシーベルトで白血球の一時的な減少があります。
1,000ミリシーベルトで倦怠感
2,000ミリシーベルトで5%の人が死亡の可能性
4,000ミリシーベルトで50%の人が死亡の可能性
7,000ミリシーベルトで100%の人が死亡の可能性

このように、症状が出てくるのに必要な放射線量は、桁が違うのです。

確放射線での被害は確率論となりますので、少量の放射線でも、症状が出ることがあります。ただ、海の中でコンタクトレンズを落とした場合、もしかしたら見つかるかもしれませんが、まずは考えられないことです。歯科のレントゲンはそのようなものです。

しかし、確かにほとんど無いに等しいような確率かもしれませんが、患者様にリスクを負わせているのは間違いないことです。それでは、なぜレントゲンを撮らせていただいているのでしょうか?

虫歯の治療をするのは、とても細かい作業です。奥の歯などは、角度的にほとんど見えていないことがあります。手さぐりの作業も少なくありません。そんな中、レントゲンが与えてくれる情報は、とても参考になるのです。虫歯がどの様に広がっているかが、大体わかるだけで、治療がかなりやりやすくなるのです。

その他、レントゲンを撮ることによって、初めてわかることがたくさんあります。レントゲンがもたらしてくれる情報は、計り知れないものがあります。

つまり、レントゲンを撮ることのリスクよりも、メリットの方がはるかに上回るので、レントゲンを撮らせていただいているのです。

なお、妊婦の方のレントゲン撮影は、行っていませんので、ご安心ください。

出来るだけ、安全性の高い治療を心がけています。何卒ご理解のほど、お願いいたします。

無料メール相談

峰歯科・矯正歯科クリニックでは、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、中部・近畿地方以外の方のご相談はご遠慮下さい。
は入力必須項目です。

携帯メールアドレスをご入力の方は、パソコンからのメール受信を拒否されている場合、受信拒否設定を解除してからご入力いただくか、パソコンからのメール受信が可能なメールアドレスをご入力ください。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。

PageTop

初診の方へ
Web予約
小児歯科
無料託児サービス

三代目 峰啓介

診察科目

矯正歯科

院内感染予防

矯正テクニック

小児歯科

治療の流れ

院内ツアー

予防歯科

インプラント

審美歯科

歯周病治療

料金表

説明

物販紹介

治療が怖い方へ